Go to Top

初歩のWEB Googleサービス!アナリティクス

初歩のWEB Googleサービス! アナリティクス


本日はGoogleアナリティクスについて少々勉強しました。

WEBサイトの運営をより効果的にするためには、
どの位どのページ見ているのかなどアクセス解析をすることが大事です!
本日はGoogleアナリティクスのユーザーサマリーの見方をご紹介します。

【Googleアナリティクスの標準レポートメニュー】

「リアルタイム」サイト上での現状がすぐに確認できます。
・「トラフィック」訪問者がどこからやってきたのかがわかります。
(例えばGoogleなどの検索エンジンからなのか、ブックマークから来たのか、どこのサイトを経由して来たのかなど。)
・「コンテンツ」訪問者がサイト内でどんな動きをしているか知ることができます。
・「コンバーション」サイトの最終目的が達成されたのかを知ることができます。(例えばメルマガ登録や商品購入など。)

【ユーザーサマリーの見方】

・セッション数 
ユーザー(訪問者)がサイトに訪問し、離脱するまでを指します。
ユーザーがサイトに訪問して30分経過するまでが「1」。
同じ訪問者がいったんサイトから離脱し、再度訪問した場合にもセッション数は「2」となります。
ただし、30分以内に再訪問は「1」。

・ユーザー数
サイトに何人見に来た(訪問した)かという数。
セッションが切れても同じユーザーなら「1ユーザー」とカウントされます。

・ページビュー数(PV)
ユーザーが同じでも新しいページを読むと「1PV」とカウントされます。

・ページ/セッション
1回来た人が何ページ見て帰っていったかの平均値。
リピーターが増えると新しい記事しか読んでいかないため、この数値は下がる傾向になります。
新しい情報をどんどん更新していくことが重要です。内部リンクを充実させる必要も出てきます。

・平均セッション時間
一回来た人が何分見て帰っていったか(滞在時間)の平均時間。
難しいのは「よく読まれている」と判断するのか「読みにくかったりわかりにくい内容」になっているのかを見極めることです。
平均セッション時間もリピーターが増えるとページ/セッションと同様に短くなります。

・直帰率
サイトに来て1ページだけ見てすぐ帰ってしまった割合。
リピーターが増えると直帰率も上がる傾向になるので、最新情報の更新や内部リンクを充実させることが大切です。

・新規セッション率
初めてサイトを訪問する人は、新規ユーザー(New Visitor)と呼ばれ、全訪問者の中で初めて訪問する人の割合を「新規セッション率」といいます。
新規ユーザーに対し、2度以上サイトを訪問している人のことをリピーター(Returning Visitor)と呼びます。
新規セッション率が低いほど、リピーターが多い、サイトの評価が高くて多くの人が再び戻ってきていると判断できます。

・ページビュー
ページビューは訪問者が一回のセッション(訪問)で、サイト内で何ページを見たかを表しています。

・平均セッション時間
サイトの滞在時間。一つのセッションの間に訪問者がサイトを見ていた時間の平均。
訪問者の滞在時間が長いほど、興味深い内容、コンテンツが充実していると考えられます。

アクセス解析データを元に充実したWEBサイトにしていきましょう!
こちらのブログ Googleサービス もご覧ください。