Go to Top

【Canon】EOS R3 視線入力AFのフラッグシップミラーレス


プロやハイアマチュアユーザーのニーズに応えるカメラ!

キヤノンはミラーレス一眼カメラのフラッグシップモデル「EOS R3」の開発発表を行いました。
「EOS 3」系統のカメラがフルサイズデジタルで登場するのは初めてです。

新開発の 35mm フルサイズ裏面照射積層型 CMOS センサーを搭載し、AF・AE 追従で最高約 30コマ/秒の高速連写が可能です。
もちろんこの速度は電子シャッター使用時のものですが、ローリングシャッターも大幅に低減したとのこと。
また、ディープラーニング技術により顔・瞳の検出精度が向上しただけでなく、胴体検知にも対応し、スポーツ写真でもその威力を発揮します。

041586542

縦グリップ内蔵の撫で肩デザインは「EOS 1D」シリーズを思わせます。
なんと、ファインダーを覗いたまま瞳の動きだけで、素早く直感的にAFポイントを移動することができます。

新しいマクロレンズの「RF100mm F2.8 L MACRO IS USM」、望遠単焦点の「RF400mm F2.8 L IS USM」「RF600mm F4 L IS USM」も同時に発表されました。
キヤノンがこれまで培ってきたあらゆる技術を投入した「EOS R3」から目が離せません。

 

出典:Canon EOS R