Go to Top

「イケア」がアルカリ乾電池販売終了へ!充電池生活のメリットとは


経済的でもあり環境にも優しい!

これまで深く考えずに乾電池を買っていた人も、充電池に変えてみるのはいかがでしょうか?
「イケア」は持続可能なライフスタイルを実現するため、2021年10月までに全世界で全てのアルカリ乾電池製品の販売を終了すると発表しました。

9855

昨年は全世界で約3億本の「アルカーリスク」アルカリ乾電池を販売しましたが、今後は「ラッダ」ニッケル水素充電池を勧めていくそうです
最大 500 回繰り返し充電できる「ラッダ」充電池ですが、最新の研究ではこれをわずか10回使っただけで温室効果ガスの排出量がアルカリ乾電池より少なくなります。
50回使えば世界全体でなんと年間5,000トンもの廃棄物が削減されます。

もちろん環境に優しいだけでなく、経済的でもあります。
一般的な充電池における充電中の電気代は、1本 0.2 円ほど。「ラッダ」充電池自体も4本で¥899(会員価格は¥799)なので、とてもリーズナブルです。

ちなみに現在「イケア」が販売する製品の中にはボタン電池を使うものもあるため、「プラットボイ」リチウムボタン電池については販売が継続されるそうです。

9844

 

出典:IKEA NEWSROOM