Go to Top

ワコムがユーザーの使用するアプリ情報を送信している?!


プライバシーポリシーからユーザーのアプリ情報を収集

ソフトウェアエンジニアの Robert Heaton 氏は、ワコム製タブレットドライバがユーザーの使用したアプリ名称を収集していることを発見しました。

ワコムのタブレットドライバをインストールすると「プライバシーポリシー」が表示されます。
多くの人は読み飛ばしてしまいますが、そもそもなぜマウスのようなデバイスに「プライバシーポリシー」が存在するのでしょうか?

また、ワコムの「プライバシーポリシー」には、使用状況データ、技術セッション情報、ハードウェアに関する情報を含むデータを、ユーザーの PC から Google アナリティクスに送信すると書かれていますが、具体的にどのようなデータが送られているのでしょうか。

 

802

 

Heaton 氏がプロキシサーバを使ってワコムの macOS 用ドライバの通信を解析したところ、ドライバは Mac で起動した全てのアプリケーションの名前を送信していることがわかりました。

データ収集を停止するには、「Wacom デスクトップセンター」を開き「さらに」をクリック
「プライバシー設定」に移動し「Wacom Experience Program に参加」をオフにします。

Heaton 氏は次のように述べています。
「ほぼ間違いなくワコムは製品開発の目的でデータを必要としているだけであり、それを使ってあからさまな悪事をしているわけではありませんが、それでOKとはいきません。」

「プログラムの存在そのものは機密情報です。例えば、ワコムの従業員が人気ゲームの最新作が極秘に開発中であることを知ってしまったら何が起こってしまうでしょうか?」

 

参照元サイト:GIGAZINE