Go to Top

次世代のプロ向けメモリーカード SanDisk「CFexpress」


エクトリームプロ Type B、4種類の容量を発売!

ミラーレスカメラが主流になってからというもの、スチルカメラの連射速度の進化には驚かされます。ビデオの世界では、4K以上の解像度を持つRAWフォーマットのカメラも、珍しくなくなってきました。
そんな大容量のデータを一瞬で記録するための、新しい CF カード「CFexpress」が登場しました。

902

従来の CF カードの ATA や、CFast の SATA とは異なり「CFexpress」では PCIe インターフェイスをベースにしているため、圧倒的な速さを実現しています。
また、サイズの異なる3つのタイプが用意されており、放送や映画製作向けの「Type C」は、4レーンでなんと 4GB/s の転送速度になります。

903

Type B は XQD カードとコネクタも共通なので、XQD カードスロットのある一部のカメラはアップデートで「CFexpress」に対応。
Panasonic が LUMIX S シリーズで対応しているほか、SanDisk から「CFexpress」カードとカードリーダーが発売され、他のメーカーも開発発表しています。

盛り上がりを見せる「CFexpress」カードは、SDカードに変わる新たな選択肢となれるのでしょうか?

 

 

出典:Western Digita. Online