Go to Top

プロジェクト管理ツール「Backlog」と「Slack」が連携!


多くのチームの生産性を向上させ「はたらく」を楽しくする!

デジタルハリウッドの調査によると、現在日本のWeb業界で最も使われているプロジェクト管理ツールは「Backlog」コミュニケーションツールは「Slack」だそうです。
これら人気のツールが、ついに連携できるようになりました。

5022

「Backlog」は課題管理やスケジュール管理、ドキュメント管理など必要な情報を「ストック型」のログとして集約し、プロジェクト進行の進捗を手助けするツールで、ガンチャートで可視化したり、チームでソースコードを管理したりと様々な機能があります。

5033

「Slack」との連携は簡単で「Backlog」での課題の登録や更新、コメントなどのアクションは指定したチャンネルに通知されるようになり、使い慣れたチャットツールと高機能なプロジェクト管理ツールがあれば、生産性の向上にも期待できそうです。

 

 

参照元サイト:NULAB