Go to Top

米国のスマートウォッチ販売台数、前年同期比で61%増!


成人の6人に1人が所有

スマートフォンマーケットが成熟するにつれて、スマホ販売が頭打ちになっていますが、米国のスマートウォッチ市場では状況が変わりつつあるようです。

市場調査会社 NPDグループ が、2018年11月までの12か月間、米国のスマートウォッチ販売台数は前年同期比で61%増、売上高も51%増加したとのレポートを発表しました。
その普及率でいうと、米国成人の16%がスマートウォッチを所有しており、18〜34歳に限ると23%になるとのことです。

602

また、2018年11月時点で、全販売台数のうち88%をApple、Samsung、Fitbitの3社が占め、Apple WatchやGalaxy Watchなど高価な機種が売れており、格安モデルが普及しているわけではないそうです。

603

「Apple Watch Series 4」のような健康機能(ECGや心拍モニタなど)を備えた機種が増えてくると、これまで利用していなかった高齢者層へも普及すると考えられ、スマートウォッチ市場が大きく成長する兆しが感じられます。