Go to Top

Windowsキーボードの「半角/全角」がMac式に!


近々Macと同じ方式に変わりそう!

Microsoftは「Windows 10 Insider Preview 18305」で、キーボードの「半角英数・全角かな」を切り替えるための新しい機能を追加しました。
近いうちに製品版の「Windows 10」でもこの機能が追加される可能性があります。

これまでWindowsでは「半角/全角」キーを押すごとに入力モードの切り替えを行なっていましたが、今後はスペースキーの左右にある「無変換」キーで半角英数に、「変換」キーで全角かなに切り替えできるようになります。

つまりMacのキーボードの「英数」「かな」キーと同じです。

502

これまで1つのキーを押すごとに切り替えだったので、キー入力時には毎回画面で現在の入力モードを確認する必要がありましたが、2つの独立したキーになったことでその手間が省けるようになりました。

MacとWindowsの両方を使っているユーザーは特に混乱しやすい部分なので嬉しい機能ですね。
ただパソコンによっては「無変換」「変換」キーが非常に小さい物もあるので、使いやすいかはパソコン次第かもしれません。

もちろん「半角/全角」キーが無くなるわけではないので、ご安心ください。