Go to Top

SEO|知らないうちにやってはいけないSEO対策をしていませんか?

隠しテキストと隠しリンク


Googleが目指していることを理解することが良質なサイトをつくる

Googleポリシーの中には「ホワイトハット・ブラックハット」という、SEO対策でやっていいこと、やってはいけないものとがあります。この二つのガイドラインはサイトを運営する上で理解しておくべきです。

・ホワイトハット
きちんとガイドラインに沿って対策をすることをホワイトハットSEOと呼びます。ユーザーに有益なコンテンツを提供している、ユーザーの利便性を損なわず、有益になる対策がホワイトハットとなります。

・ブラックハット
以下に示すような行為をしてしまう悪質なSEO対策の事を言います。ブラックハットは、知識もなく何も知らずに良かれと思ってやったことが実は間違った対策だった、ということも少なくないようです。以下のような対策を取っていないか、チェックしてみることをおすすめします。

ホワイトハット・ブラックハット

Googleが昔から言っている言葉があります。
「僕たちが目指していることは常に同じで不変だ。検索するユーザーがとても気に入って、友だちに紹介したりブックマークに追加したり何度も訪問したくなる素晴らしいサイトを作ることだ!そんなサイトを上位表示させることだ!検索エンジンを魅力的なものにしたいから、あらゆることをやる予定だ。ユーザーの為に一生懸命作ったコンテンツは上位に表示させる予定だよ!あなたの作った高品質なコンテンツをユーザーに見せられるように 僕たちも頑張るつもりだ。」

つまりユーザーの役に立つコンテンツを作っている限り、上位表示するからね!ということですね。


参照元サイト:品質に関するガイドライン