Go to Top

SEO WEBライティングの重要性

SEO内部対策

Webライティングとは、検索エンジンから読みとりやすいように正しくインデックスさせ、適切にランキングしてもらうための技術です。
コンテンツを本来あるべき順位よりも上に表示させるためのテクニックではなく、
あくまでもコンテンツの価値を検索エンジンから適切に評価してもらうための技術をいいます。

それにはまず、「ページタイトルの最適化」を行わなければなりません。
以下の3項目に多大な影響を及ぼします。

•あるキーワードで上位表示された時の検索順位
•検索結果ページに表示された時のクリック率
•ソーシャルメディアでの拡散度

たとえば下の図の通り、検索結果の画面にはコンテンツがこのように表示されます。

SEO WEBライティングの重要性
まず注目して欲しいのがページタイトルが最も目立つということ。
そしてページタイトルに検索キーワードが含まれている場合は、その文言が太字で表示されます。
(※上図で言う「内部対策」「Web」「ウェブ」という箇所)
タイトルがクリック率にも上位表示率にも影響することは明らかです。
それでは、早速SEOに最適なページタイトルのつける時注意点は以下の通りとなります。

1)タイトルにSEOキーワードを入れる
・内容とタイトルがお互いにお互いの文言が入るよう工夫することで格段にちがってきます。

2)ページの内容を適切に表すタイトルをつける
・より具体的なタイトルがいいでしょう。

例えば、以下の2つのタイトルを見比べてください。
・「ラーメンの食べ方」
・「3分以内でさらに美味しく食べるラーメンの作り方」

この場合、後者の方がはるかに反応率が高くなります。
具体的な文言は検索順位も上がり、ユーザーからは「詳しそうだ」という印象も与えます。

3)極端に長いタイトルをつけない(32文字以内)
googleはページに極端に長いタイトルをつけることを推奨していません。

以上の事に留意すれば現状よりも遥かに、丹精込めたWebサイトが上位表示される可能性が高まります。

, , ,