Go to Top

レスポンシブ WEB デザインで構築するべき?

レスポンシブウェブ

ひとつのWEBサイトを、あらゆるデバイスに対応させる制作技術手法が
ご存知の「レスポンシプWEBデザイン」です。

スマートフォンがあれば、PC用のWEBサイトを閲覧しても何とか見ることはできます。
しかし、スマートフォン用にレイアウト・デザインが変わることはありません。タブレットでも同じことです・・・。

そこで今回は、新しく作るWEBサイトは「レスポンシプWEBデザイン」で構築するべきなのか、紹介したいと思います。

何といっても、URLが1つ・リダイレクト設定が不要というのが「レスポンシプWEBデザイン」の一番大きなメリットではないでしょうか。
どんなデバイスからも、ストレスを与えず情報を見ていただける訳ですから、ユーザーのニーズも捉えやすく管理しやすくなります。
また制作側にすれば、ひとつのWEB構築で済むということにもなります。

では「レスポンシプWEBデザイン」のデメリットは無いのでしょうか?

WEB制作会社では、PC単独の構築などと比較して、より多くのコストが(費用)かかります。
また、デバイスで表示されるレイアウトを考えながら進めるため、通常作業以上に時間と手間も要します。

さらに、作り手によるでしょうが、クライアントの希望通りの仕上がりになるか多少の疑問も残ります。
画像や動画などのコンテンツを含んでいる場合、細かいサイズ調整が困難かもしれません。

それでは、新しく作るWEBサイトは「レスポンシプWEBデザイン」で構築するべきなのか?
基本的には「推奨」です。
コスト部分の解消や、スマホユーザーのニーズに対応できれば「イチオシ」でしょうか。
「レスポンシプWEBデザイン」は主流のWEBスタイルになると思います。

前回紹介しました「〜Google自体がレスポンシブWEBデザインサイトを最も推奨している〜」について、
「レスポンシプWEBデザイン」を採用したWEBサイトをGoogleが優遇して上位表示させる・・ということではありません。

やはり地道にSEO対策をしましょう!!

, , , , ,