Go to Top

Internet Explorer から「Microsoft Edge(エッジ)」へ

「Internet Explorer」から「Microsoft Edge(エッジ)」へ


新型ブラウザの名称が決まる!!

マイクロソフト社から、標準搭載する新型ブラウザの名称を「Microsoft Edge(エッジ)」にすると発表。
新型ブラウザ「Edge」は今まで、開発用コードネーム「Spartan(スパルタン)」と呼ばれていました。

従来型ブラウザ「Internet Explorer」は、パソコンでの利用を前提に設計されていましたが、新型ブラウザ「Edge」は、パソコンだけでなくスマホやタブレットなど、Windows10搭載のあらゆる端末での利用を想定して開発されています。

表示したWebページに書き込みをしてユーザー同士で共有できる「アノテーション機能」や、Webページをシンプルな表示にして読むことができる「Reading Mode」、「パーソナルアシスタント機能」などの新しい機能を持つことになるようです。

Windows10には、従来型ブラウザ「Internet Explorer」も標準搭載されますが、今後はブラウザ開発の軸足を「Internet Explorer」から「Edge」に徐々に移行していく計画のようです。

29日の会議では、Windows10向けアプリ戦略として「アンドロイドやiPhoneのアプリをWindows10向けに簡単に移植できる機能」を無償で提供することなども発表されました。
また、新機能や拡張機能を追加する一方で、いくつかの機能を削除することを計画しているそうです。
いつの日か「IE」も「そんな時代もあったね〜」といわれる時が来るんでしょうね。