Go to Top

Microsoft「Office 2016」2015年末に登場!

OFFICEアプリ


もうすぐWindows10!その先にはOffice 2016!

先日、マイクロソフト社は2015年の後半に出荷が予定されているWindows10向けのOfficeとして「Office for Windows10とOffice 2016」を年末に提供することが発表されましたね。
Windows 10向けOfficeは、スマートフォンやタブレットのような画面の小さいデバイスでも大画面のオールインワンでも高いパフォーマンスを発揮する、タッチ操作に最適化された Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlookを提供する予定。
このOfficeアプリは、Windows 10が搭載されたスマートフォンやタブレットに無料でプレインストールされ、他のデバイスを利用の場合はWindowsストアからダウンロードできるそうです。

ここで、それぞれの特徴を挙げてみましょう。
【 Windows10向け Word 】
・美しい見た目のWordドキュメントを作成、編集できる。
・校閲し、マークアップを挿入したドキュメントを他のユーザーと共有し、リアルタイムで共同作業を行うことが可能。
・閲覧モードでは、新しいBingベースのInsights機能を使用して、ドキュメントを表示している画面上に画像、関連する Webページ、辞書の定義などといったオンラインリソースを確認できる。

【 Windows10向け Excel 】
・スプレッドシートを作成、更新できるのはもちろん、グラフを使用してデータを分析し、視覚化することにより、新しい洞察が得られる。
・タッチファーストの新しいコントロールが導入されており、キーボードやマウスを使わなくても、複数のセルの選択、円グラフの書式設定、ワークブックの管理をスムーズに行うことができる。

使い心地も従来からの使い慣れたOfficeとまったく同じよう利用できるようなので、嬉しいですね。

Office for Windows 10は数週間以内にWindows 10 テクニカルプレビューで試用可能になるようで、Office 2016 の詳細については今後詳細が発表予定としています。新しいOfficeはいったいどんな実力を発揮してくれるのか、実際に操作するのが楽しみですね!

Microsoft「Office 2016」