Go to Top

Microsoft Office『64bit』と『32bit』の違いは?


64bitのアプリケーションでメモリ不足を解消?!

Microsoft Officeには64bit版と32bit版があります。
Office 2019(Mac版は2016以降)および最新のOffice 365では、デフォルトで64bit版がインストールされるようになりました。

64bit版と32bit版は何が異なるのでしょうか?

近年64bitのOSを使用するコンピュータの多くは4GBから32GB程度のメモリを搭載していますが、32bitのアプリケーションが使用できるメモリの量は2GBに制限されます。しかしOfficeの新機能が増えるにつれ、メモリが不足し動作が重くなってしまいました。

64bitのアプリケーションではもっと多くのメモリを使用することができます。(理論上は最大18,400,000PB)
コンピュータのメモリをフル活用できるので、PowerPointで大きな画像や動画を使用してもスムーズに動作します。Excelで大規模なデータを開いても、メモリ不足のエラーメッセージが表示されることはなくなるかもしれません。

4022

一方で32bit版が必要なケースもあります。
特に企業でOfficeを使用している場合は、64bitに移行する前にVBAコードやアドインの互換性をテストする必要があるからです。AppleはmacOSの64bit完全移行を計画していますが、Windows版Officeの場合はまだ32bit版を入手することもできます。

2020年のOffice 2010(Windows)サポート終了に向けて、Officeの入れ替えを行う企業も多いと思います。
Officeの入れ替えの際は、Officeの64bit化も検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

参照元サイト:Officeの64ビット版と32ビット版