Go to Top

Mac|パスワード忘れ「キーチェーンアクセス」を活用しよう!

「キーチェーンアクセス」を活用


Macの「キーチェーンアクセス」内を確認すればパスワードは思い出せる!

はるか以前に登録したWebサービスをある日利用しようとしてパスワードが分からずに「何だっけ?」となってしまったことは誰にもあるのではないでしょうか。思い出したい時はMacのキーチェーンアクセスを参照してみるとアカウントIDもパスワードも確認できます。
OSがMavericksになって「iCloud」とも連携した「キーチェーンアクセス」は今まで保存したサービスのIDやパスワードが保存されているので、いつでも参照することができます。まずは「キーチェーンアクセス」を起動します。「キーチェーンアクセス」は、アプリケーション>ユーティリティの中にあります。

アプリケーション>ユーティリティ

上から順に確認してもいいですが、「検索」で絞り込めば目的の項目が出てくるはずです。見つけたらその項目をダブルクリックすると下記のようにウィンドウが開くのでここで「パスワードを表示」の横にあるチェックボックスにチェックを入れます。チェックボックスをオンに入れようとすると、Macのログインパスワードを求められるので入力すると無事にパスワードが表示されました!もちろんアカウントIDも表示してくれます。

「キーチェーンアクセスは起動したこともない」という人がほとんどだと思います。パスワードを忘れてしまい再発行しようかなと思う前に一度チェックしてみると便利ですよ!パスワード一覧を作成する時にも役立つと思います。

キーチェーンアクセス