Go to Top

アップルが特許を取得!iPhone内の音楽を共有できるようになるかも!

アップルが特許を取得!iPhone内の音楽をユーザー同士で共有できるようになるかも


Airdropのイメージで音楽を共有、ただし別途購入が必要

アップルがiTunesで購入した音楽や動画などのコンテンツを、ユーザー同士で共有できる特許を取得したようです。たとえば友人が持っている曲や動画が欲しい時「iTunes Store」からいちいちダウンロードしなくても直接共有できるようになるかもしれません!

内容としては、iPhoneやiPadのユーザー同士で音楽・動画・画像を、著作権を侵害せずに直接共有できるというもので、「AirDrop」のように写真や書類をiPhone同士で送受信できるイメージかと思われます。今回の特許では「iTunes Store」で購入するものを対象にしているようです。2011年に特許出願し、今月に特許を取得したようです。

しかし、ダウンロードした楽曲データは本人のみがアクセスできるよう暗号化されており、友人のiPhoneで再生するには、再生するための権利を別途購入する必要があるとのこと。メリットとしては、「iTunes Store」からわざわざインターネット経由でデータをダウンロードする必要がないことでしょうか。残念ながら自分が購入した曲を無料で他人と共有できるわけではなさそうです。
とはいえ、特許を取得したアップルがこれからどんな手を加えて新機能として登場させるのか、期待して待ちたいところです。