Go to Top

【Mac】ゴミ箱に捨てられたデータを30日後自動消去する方法!


30日過ぎたファイルを自動的に消去する設定

Macでは不要になったファイルはゴミ箱に入れ「ゴミ箱を空にする」を選択で、データ削除ができます。
しかし「ゴミ箱を空にする」ことを忘れてしまい、気付いたらMacの容量が足りなくなってしまった・・という経験はないでしょうか。

今回紹介する「ゴミ箱に捨てられたデータを30日後自動消去する設定」は、ゴミ箱に入れたまま放置しがちなズボラな人にとっては、とても便利な機能ですが、ゴミ箱を一時保存として活用している方には、いざという時に困ってしまいますので要注意です!

意外と容量を使っている場合があるので、困っている方は参考に設定してみてください。

 

「ストレージ節約機能」を使う

メニューバーのAppleロゴをクリック「このMacについて」を選択

1022

「ストレージ」タブをクリック「管理」を選択

1033
1044

「ゴミ箱を自動的に空にする」項目「オンにする」を選択

1055

有効化されると「実行済み」と表示されます。

 

 

参照元サイト:GORI.ME