Go to Top

「光の標識」を背中に投影!サイクリストの動きがわかるプロジェクター

自転車事故防止!背中に標識を映し出すプロジェクター「CYCLEE」


自転車事故をなくそう!まさかの発想、その名も「CYCLEE」

夜道を走る自転車って結構危ないです。
ドライバーから見ると、自転車のテールライトを一瞬で認識できないこともあります。
そんなときにはコレ!「cyclee」は自転車にプロジェクターを装着して、背中に「光る標識」を投影するという新発想のアイテムです。

CYCLEE
文字やサインを使って、近づいてくる車両に自転車の状態をより明確に知らせることができます。しかも自転車の動きと連動していて、止まっているのか・走行中なのか・曲がろうとしているのか・・・などサイクリストの動きを自動で認識し、表示するというスグレモノです!
スマホからどんなサインを表示させるか編集することができます。

CYCLEE

日本でも今年6月から自転車の交通ルールが厳しく取り締まられることになり、
事故防止への意識も高まっている今、このアイテムはますます注目を浴びそうです。

参照元サイト:CYCLEE(Industrial Design Served)