Go to Top

アララ・・「Windows 10」移行で愛用機能が無くなってしまう!!

「Windows 10」移行で愛用機能が無くなってしまう!!


「Windows 10」移行で消える機能が判明!ホントに移行できる?

Windows 10のリリースまで、あと2ヶ月弱に迫ってきました。
基本的には新しくなって楽しみな変更点の方が多いですが、アップグレードすると消えてしまう機能があることは、あまり知られていないようです。

Windows 7やWindows 8.1のパソコンを使っている人は、発売後1年に限って無償でアップグレードが提供されます。
大半の人が「自分の使っているマシンのドライバーまわりの問題さえクリアされれば、そんなに大きな問題はないはず」と思っていますよね。
しかし、意外にもアップグレードした瞬間から使えなくなってしまう愛用機能があるそうなんです。

マイクロソフト社は、混乱を招かないように、Windows 10へとアップグレードするとサポートされなくなってしまう7大ポイントを公開しました。
それほど深刻な問題点はなさそうにもみえますけど、まずはしっかりとチェックしておきましょう!

1. Windows Media Centerが削除される

2. DVD再生には専用ソフトウェアが必要になる

3. Windows 7のデスクトップガジェットは削除される

4. Windows Updateの調整ができなくなる

5. Windows 7にプリインストールされていたゲームは削除される

6. USBフロッピードライブがデフォルトではサポートされない

7. Windows Live EssentialsのOneDriveは削除される

以上の7機能です。
ほとんどの機能は、大きな問題にならないと感じる人が大半だとは思いますが、頭の片隅に入れておくといいかもしれませんね。

公開されている情報は、現時点でマイクロソフトが把握している非互換性を列挙したものなので、実際にはリリース後に明らかになってくるトラブルも出てくるような気もします・・・。
無償アップグレードには1年間の猶予があるので、慌てて移行して後悔してしまわないように、リリース直後は様子を見守り、ゆっくり落ち着いたころでアップグレードをするとよいかもしれませんね。