Go to Top

「社会保障・税番号制度」マイナンバー制度が来年1月から始まります!

「社会保障・税番号制度」マイナンバー制度が来年1月から始まります


『マイナンバー』という言葉、聞いたことはありますか?

「社会保障・税番号制度」のことですが、この制度は来年2016年1月から開始されます。

全ての国民が対象となるこの制度、ご紹介いたします。

この番号は12桁の番号で「氏名」「住所」「性別」「生年月日」の基本4情報が組み込まれていて、
その番号と個人の各公的機関にある個人情報を紐づけする仕組みです。

現在、行政機関・自治体などには年金の基礎年金番号、介護保険の被保険者番号、その他運転免許証番号、パスポート番号、自治体内での事務に利用する宛名番号のように分野や組織ごとに個人を特定する番号が多数存在します。
ですが、異なる分野・組織で横断的に個人を特定するための番号がなく、同一人物と特定することに大変な手間を要しています。

今後この制度を採用することにより各個人の所得を正確に把握できるようになり、公平な税負担や社会保障のより的確な提供といった効果が期待できます。
利用者側としても例えば行政窓口でマイナンバーを伝えるだけで全ての手続きを完了できるようになる、というメリットもあります。

この番号は一生不変で生涯この一つの番号を使い続けます。

当然個人情報漏えいの懸念も言われているわけですが、制度開始段階ではマイナンバーを民間で利用することは禁止されていて、最初の利用範囲は社会保障や税分野など限定されています。

しかし今後民間を含め利用範囲が拡大されることも考えられ、官民共しっかりした情報保護施策が求められます。

番号割り当てと通知は今年の10月から開始されるとのことです、
お手元に届いた際には一生涯のこの番号をきちんと確認してみてください!