Go to Top

情報システムの導入でまず行う作業・・「要件定義」

情報システムの導入でまず行う作業・・「要件定義」


情報システム開発の要件
「経営要件定義・業務要件定義・システム要件定義」

要件定義とは、利用者が情報システムに求めること(要求)をまとめ、IT化する範囲と機能を明確にし、要件定義書として文書化することで、経営者や開発者、利用者といった関係者間の合意を得ることを目的としています。
情報システム開発の要件は大きく「経営要件定義」「業務要件定義」「システム要件定義」の3つに分けられます。

【経営要件定義】
経営戦略やシステム戦略に沿って、経営者の視点からシステムに求める要件。

【業務要件定義】
経営要件を前提として、利用者の視点から「何ができるシステムにするか」をまとめた、システムの機能や性能。システム化する業務の手順や関連組織における責任や権限などを定義する。

【システム要件定義】
業務要件で示された内容を実現するために必要な要件を具体的にまとめること。

業務要件やシステム要件の内容は「機能要件」と「非機能要件」に分けられる。
機能要件とはデータ処理機能やインターフェースなど、システムの持つ機能のこと。
非機能要件とは、機能要件以外の性能や信頼性・拡張性・セキュリティなどをいう。

システムを外部から調達する場合、業務要件定義の内容はRFP(提案依頼書)に相当します。

要件定義を策定する手順は・・
1.利用者の要求の調査(調査手法:アンケート・ヒアリング)
2.調査内容の分析(分析手法:KJ法など)
3.現行業務の分析(分析手法:PERT、ワークフロー図など)
4.業務要件の定義
5.機能要件・非機能要件の定義