Go to Top

『Windows 11』 にアップグレードできるのは最近のPCだけ?


「PC正常性チェックアプリ」でチェック!

『Windows 11』への移行を検討している人には、残念なニュースかもしれません。
マイクロソフトは『Windows 11』 のシステム要件を公開しましたが、最近のPCしかアップグレードできないという指摘もあります。

マイクロソフトが公開した対応 CPU リストを確認すると、第8世代 intel Core シリーズプロセッサ、第2世代 AMD Ryzen 以降の CPU が必要です。
ARMプロセッサを搭載した Windows 10 PC は、ほとんどが『Windows 11』 にアップグレードできます。

『Windows 11』 のシステム要件で最も大きな問題になるのは、TPMが必須になった点です。
TPM 2.0 に対応したセキュリティチップ、または Intel Platform Trust テクノロジーや、AMD fTPMといった CPU 内蔵 TPM を有効化する必要があります。

06284921

自分の PC の TPM を有効かするには、UEFI(BIOS)の設定を確認する必要がありますが、既に Windows がインストールされている PC の設定を編集すると、PC が起動しなくなることもあるので注意してください。
また、Intel Mac で Boot Camp を使用して Windows をインストールしている場合、Mac は独自のセキュリティチップを搭載しているため、TPM を使用できません。

システム要件はリリースまでに更新される可能性があります。
マイクロソフトは自分のPCが『Windows 11』 に対応しているかを調べるための「PC正常性チェックアプリ」を用意しているので、チェックしてみてください。

 

出典:Microsoft