Go to Top

立体成型フルカーボンボディ『VAIO Z』驚異的な軽さと速さで登場!

 

コンパクトかつ軽量なボディからは想像できないほどのレスポンス!

長野県安曇野市の VAIO 株式会社は、同社のフラッグシップノートPC『VAIO Z』を発表しました。
『VAIO Z』の新型が登場するのは、2016年モデル以来となります。

2019712

新型『VAIO Z』最大の特徴は、世界初の立体成形カーボンファイバーの筐体です。
VAIO は以前からカーボンファイバー素材を使ったノートPC作りに挑戦していましたが、今回初めてアンテナ部等を除くほぼ全ての面をカーボンファイバー素材で作ることに成功しました。

もちろん『VAIO Z』では、お得意の過酷すぎる品質試験が行われています。
90cm 6 面落下試験、127cm 2 面落下試験、液晶ペン挟み試験、液晶限界開きひねり試験、キーボード水かけ試験、他にもさまざまな試験が行われています。これだけ頑丈なPCが、わずか 958g の重さしかありません。

2019713

第11世代インテル Coreプロセッサー、6GB/s の高速 S SD、Wi-Fi6 と 5G モバイルネットワーク、14インチ 4K HDR ディスプレイも搭載しています。
今回VAIO Z専用サポート窓口を設置するなど、アフターサポートにも気合が入っています。

もちろんこんなPCが安いはずもなく、VAIOストアでの価格は 272,580円から。
限定版の SIGNATURE EDITION は 366,080円からです。

 

出典:VAIO Z