Go to Top

【au】Apple Watch の「ファミリー共有設定」に対応!


「ファミリー共有設定」は watchOS 7 の新機能

KDDI は Apple Watch の「ファミリー共有設定」に対応した「ウォッチナンバー」サービスの提供を、9月17日に開始しました。
「ファミリー共有設定」は watchOS 7 の新機能で、子供やシニアの家族が使っている Apple Watch を管理できます。

これまで Apple Watch は、ペアリングした iPhone と共通の電話番号を使っていましたが、これからは iPhone を持っていない家族も、自分の電話番号を持つことができます。
緊急時の連絡手段になりますし、「探す」アプリで居場所も探せます。

7533

今まで 「ナンバーシェア」というサービスを提供していましたが、 iPhone と電話番号が共通で「ファミリー共有設定」は利用できませんが、iPhone の月額利用料金 + 350円(+ 機種代金、通話・通信料、ユニバーサルサービス料等)で利用できました。

新たに登場した「ウォッチナンバー」では独立した電話番号を発行するため、「ピタットプラン 4G LTE」への加入が必要になります。
2年契約で家族割プラスに3人以上で加入する場合で、Apple Watch 1台あたり1,980円〜(+ 機種代金、通話・通信料、ユニバーサルサービス料等)がかかります。

7522

すでに持っているiPhoneを家族にあげる場合など、既存の「ナンバーシェア」利用者のためのキャンペーンも用意され、対象者は最初の12ヶ月間1,630円引きの350円~となります。

子供やシニアの健康と安全を守る Apple Watch の機能は、日本でも役に立ちそうです。
「ファミリー共有設定」は、Apple Watch Series 4 以降の GPS + Cellular モデルで利用できます。

 

出典:KDDI NewsRelease

Apple watchOS 7