Go to Top

【Twitter】無断投稿画像リツイート、最高裁判決にユーザー困惑


「著作権侵害となるツイートのリツイート」も著作権侵害!

あるカメラマンが自身の Web サイトで公開していた作品が、「Twitter」上に無断転載(いわゆるパクツイ)された上、そのツイートを別のユーザーがリツイート(拡散)した事件に関する判決があり、最高裁はリツイートしたユーザーのメールアドレス開示を命じました。

「パクツイ」した人が悪いのは当然ですが、リツイートまでもが権利侵害にあたるとは思わなかった人が多いと思います。
画像付き投稿をリツイートすると画像のサムネイルが表示されますが、これはリツイート元の画像を表示しているだけで画像ファイルが複製されているわけではありません。

1022

カメラマンの男性が公開していた画像は縦長で、上下に「転載厳禁」という文字とクレジットが書かれていました。
「Twitter」の仕様でサムネイルは横長、上下の文字は自動的にクロップ、もちろん画像をタップすれば上下の文字まで見えますし、クロップ位置をユーザーが調節することはできません。

今回の判決ではリツイートは著作権侵害に当たらないとしながらも、「 Twitter の利用者が必ずしもタップして閲覧するわけではなく、リツイートした人が著作者名を表示したことにはならない」「仕様を認識しているか否かを問わず、リツイートした人の行為が著作者人格権侵害の主体である」として著作者人格権の侵害が認められたのです。

1033

残念ながら「Twitter」で他人の作品をあたかも自分のもののように転載する悪質な「パクツイ」行為は後を経ちません。
一方でユーザーにとって「パクツイ」を見分けるのは決して簡単なことではありません。
「Twitter」ユーザーの間では困惑の声が広がっています。

 

出典:GIZMODO