Go to Top

「Internet Explorer」サポート終了すると何ができる?


IE以外のブラウザで使える CSS の機能を紹介!!

以前から予告があった通り、Twitter は「Internet Explorer」のサポートを完全に終了しました。
Microsoft は特別な事情がない限り「Internet Explorer」を使わないよう呼びかけています。

1033

 

「Internet Explorer」のサポートを終了するとどんなことができるのでしょうか?

「Internet Explorer」以外のブラウザで使える CSS の機能について紹介します。

【 CSS Grid Layout 】
要素のレイアウトに使われる機能で、2カラム以上のレイアウトをとても簡単に組むことができます。
「Internet Explorer 11」では一部の機能しか使えず、しかもベンダープレフィックスを使った特別な記述が必要です。

【 object-fit 】
アイキャッチ画像など、縦横比を保ったままサイズ調整するときに使います。
object-fit: cover; で、要素に合わせて拡大し、はみ出た部分をトリミングしてくれます。また、要素に収まるサイズに縮小してくれます。
「Internet Explorer」では使えないため、画像サイズをぴったり合わせないと歪んでしまいます。

【 mix-blend-mode 】
Photoshop を使ったことのある人なら、「乗算」「スクリーン」「ハードライト」といったブレンドモードの設定を知っていると思います。ブレンドモードを使って画像と文字を重ねれば、文字の塗りを画像にするようなデザインもできるので、表現の幅が格段に広がります。
「Internet Explorer」には「通常」しかないので不透明度くらいしか手を加えることができません。

パッと思いつくだけでもまだまだたくさんの非対応機能があり、これからもどんどん増えていきます。

世の中のほとんどの Web サービスが「Internet Explorer」のサポートを終了するのは、時間の問題かもしれません。

 

参照元サイト:窓の杜

 

 

,