Go to Top

なぜ『IPv6』だとネット回線の混雑を回避できるのか


『IPv6』とは Internet Protocol Version 6(インターネット プロトコル バージョン6)の略

テレワークの増加により自宅の光回線の遅さにうんざりしている人もいるかもしれません。
実は混雑による速度低下は、『IPv6』の導入によって解決できる場合があります。

IPv4 アドレスが枯渇するという話はよく耳にすると思います。アドレスの枯渇を防ぐために『IPv6』に移行する必要がありますが、混雑緩和とどのような関係があるのでしょうか?

202

現在国内のほとんどのプロバイダが、『IPv6』サービスを従来の「PPPoE」ではなく「IPoE」という新しい接続方式を使って提供しています。

従来の「PPPoE」では、プロバイダごとに用意されるネットワーク終端装置が対応できるユーザー数に限界があり、混雑の原因になっていました。
この問題が「IPoE」では解消されています。

203

一方で『IPv6』導入を阻む意外な問題があります。対応ルーターの少なさです。

日本の『IPv6』サービスは独自仕様が多く方式もバラバラで、Buffalo、YAMAHAといった国内メーカーのルーターしか主要なプロバイダに対応していません。
パワフルな海外メーカーの高級ルーターは、NETGEAR がごく一部の製品でIIJの「DS-Lite」方式に対応しているくらいで、LINKSYSもGoogle Nest Wi-Fi も使えません。

『IPv6』を普及させたいならもう少しやり方を考えて欲しいものです。

 

 

参照元サイト:NTTコミュニケーションズ