Go to Top

2019年ブラック企業大賞決定!大賞は「三菱電機」特別賞は「電通」

ブラック企業大賞2015


長時間労働やパワハラなど、労働環境の「悪さ」で注目を集めた企業!

12月23日『ブラック企業大賞 2019』が発表されました。

ブラック企業大賞とは、労働相談に取り組んでいる弁護士や市民団体、ジャーナリストなどでつくられた実行委員会によって構成され、個別の企業の事例だけでなく「ブラック企業」を生み出す社会背景や構造にも関心を持ってほしいとの狙いで実施・選出されています。

今年で8回目となり、過去には日立製作所や株式会社引越社、財務省などが受賞しています。

 

 ◎「ブラック企業大賞 2019」受賞企業

【 大 賞 】三菱電機株式会社(メルコセミコンダクタエンジニアリング株式会社)

三菱電機株式会社は、家電から発電機まで様々な電気製品を製造するメーカー企業。
2019年8月に新入社員の男性が自殺、その上司が自殺教唆をしたという疑いで書類送検されている。現場には教育主任から「死ね」などと言われたことなどを書いたメモが残されていたとの報道がされる。

 

【 特別賞 】株式会社 電 通

株式会社電通は広告代理店として最大手企業。
多数の過労死の被害者を出し労基法違反の有罪判決を受け、社会的にも大きな批判にさらされているにもかかわらず、再び複数の違法行為で労基署から是正勧告を受けた。

 

【 特別賞 】株式会社セブンイレブン・ジャパン

セブンイレブン・ジャパンは、日本最大のコンビニチェーン「セブンイレブン」(総店舗数2万店超)運営企業。
2019年12月、全国のフランチャイズ加盟店から「代行」して支払っていたアルバイト・パートの残業代の一部が1978年から未払いだったと発表。
また、加盟店オーナーが契約内容に関する告発を行い、公正取引委員会がコンビニ業界の実態調査を行う方針を明らかにしたほか、11月には本部社員が加盟店に無断で商品発注していたことも発覚。

 

【 #MeToo賞 】長崎市

2007年7月、原爆祈念式典に向けての取材にあたる女性記者に同市部長(当時)が性暴力をふるうという事件が発生。2019年4月、女性は損害賠償を求めて長崎市を提訴。
世界的に「#MeToo」運動が広がる一方で、同じく世界に知られる平和都市・長崎が被害者への謝罪も救済もしていない。そればかりか、今でも市議会においてこの問題が出ると「被害者はどっちだ」などとヤジが飛び、二次被害ともいえるような状況が続いている。

 

【 ウェブ投票賞 】楽 天 株式会社

楽天株式会社は、ネット通販「楽天市場」を展開するなどインターネット関連の幅広い事業をおこなっている企業。
社員だった男性は、会議中にパワハラを受け「頸髄損傷」など手足にまひが残り、うつ病を発症して現在も療養中。労働基準監督署に労災申請をおこない、2017年8月労災認定された。大企業における企業内暴行事案として看過できないためノミネート、受賞した。

 

 

出典:ブラック企業大賞 2019