Go to Top

【トヨタ】超小型EV 2020年発売予定!1回の充電で 約100km 走行可!


高齢者の日常の足や訪問巡回など想定

トヨタから「超小型EV」「東京モーターショー2019」に出展されます。
コンセプトモデルではなく 2020年冬頃の発売を予定しているとのこと。

運転初心者や高齢者など、日常の足として利用することを想定した車種で、法人使用で巡回訪問するような近距離移動の用途や、環境に良い業務用として活用されることも期待されています。

1022

 

特徴は文字通り超小型なEVで、1回の充電で走行可能な距離が「約100km程度」

地方では、食料品や日用品の買い出しなどにも自動車を運転しなければならない状況もあり、農作業へ出向くときなどでも狭い道を難なく通ることができそうです。その他、リゾート地滞在者の外出用、ゴルフカートの代替的な利用方法も考えられます。

1033

 

開発者は「高齢者の生活を支えるモビリティづくり、そして消費エネルギーやスペース・騒音など、周囲への負荷が小さいモビリティの広がりによって、より良い社会に向けお役に立ちたい」とコメントしています。

 

 

参照元サイト:トヨタ 東京モーターショー関連リリース