Go to Top

「世界一安全な都市 ランキング」1位は東京・3位に大阪がランクイン!


東京は2015年・2017年に続き、総合ランキング1位を獲得

英紙エコノミスト(NEC協賛)が発表している世界各国の都市の安全性ランキングで、東京が1位、3位に大阪がランクイン。

世界60都市を対象にサイバーセキュリティや医療・健康環境の安全性、インフラの安全性、個人の安全性の4カテゴリーを調査・分析した結果、東京は「サイバーセキュリティ」1位、「医療、健康環境」2位、「インフラの安全性」4位、「個人の安全性」4位だった。

1022

◉サイバーセキュリティ調査とは

住民がプライバシー侵害やなりすまし詐欺の不安を感じることなく、インターネットなどを利用できる環境にあるかを評価し、「パソコンのウィルス感染率」などを基に指数を算出。

◉インフラの安全性調査とは

「交通機関の安全対策」や「インフラに対するテロ攻撃の発生件数」を基に、インフラの物理的な環境や、テロ攻撃に対する脆弱性を評価。

ランキング「トップ10」に選ばれた都市は以下の通りです。

1位:東京
2位:シンガポール(マレーシア)
3位:大阪
4位:アムステルダム(オランダ)
5位:シドニー(オーストラリア)
6位:トロント(カナダ)
7位:ワシントンDC(アメリカ合衆国)
8位:コペンハーゲン(デンマーク)
8位:ソウル(韓国)
10位:メルボルン(オーストラリア)

 

出典:The Economist Safe Cities Index 2019