Go to Top

【Adobe Capture】デザインに役立つ素材をカンタン作成


スマホで撮影した写真をシェイプ化・カラー抽出!

今回紹介する「Adobe Capture」は、スマホのカメラを使用し、様々な素材を生成できる便利なアプリです。
写真やイラストなどをベクター素材に変換することができるほか、写真の色を抽出することや、フォント(書体)判別なども可能です。
3033

例えば、看板やロゴ、印刷物に書かれているテキストのフォントが何なのか知りたいとき・・。
3011 そのロゴの写真を撮って、あとからフォントを読み込んで検索することもできますし、その場で、アプリを起動しカメラをかざしてフォントを検索することもできます。

3022

また、画像の一部からパターン素材を生成したり、カメラをかざすだけでその場からカラーをランダムに5色抽出して最適なカラーを提案してくれます。

ラフ段階のデザインをデータ化して確認することもできるため、普段の業務内でもおおいに活躍します。
難しい操作もないため、ぜひ使用してみてはいかがでしょうか。

 

 

出典:Adobe Capture