Go to Top

【Adobe】Photoshopで加工した顔画像を見抜く技術を開発


デジタルコンテンツの信頼性を高めるため!

「米Adobe Systems」では、偽物コンテンツを判別する環境を整えデジタルの信頼性を高めるため、「Photoshop」で加工された顔写真を検知し、加工前に戻せるAIツールを開発しました。

これは「米Adobe Systems」と 米カリフォルニア大学研究者 との共同で開発されたもの。

7044

多数の元写真と加工写真をディープラーニングで学習させ、99%の精度で加工された写真を特定できるといいます。
また、どのような加工が行われたのかも特定できるため、元の画像に復元も可能とのこと。

7033

こうした研究を進めている背景には、フェイクコンテンツが問題になっていることがあります。
今後は、デジタルメディアの信頼性に関わる悪用を特定し、思いとどまらせる取り組みも行う、としています。

 

 

出典:Adobe Blog