Go to Top

新しいUSB規格「USB4」仕様発表!【USB Promoter Group】


最大40Gbpsの転送速度を想定した新規格

IntelやAppleなどの企業で構成される「USB Promoter Group」が、新規格「USB4」の仕様を発表しました。

この新しい規格は「Thunderbolt 3」をベースに、高解像度ディスプレイへの映像出力、ノートパソコンの充電、PCIeによる最大40Gbpsのデータ転送などさまざまな機能をサポートしています。
また、デイジーチェーンもこの「USB4」に対応したケーブルでできるようになります。

1022

intelは昨年「Thunderbolt 3」のサポートを同社のCPUに組み込むとともに規格をロイヤリティフリーにすることを発表。これによりAppleとintel以外のメーカーでも「Thunderbolt 3」製品が簡単に作れるようになり、結果としてUSB4の基盤となりました。
USBポートは引き続きType-Cが用いられ、USB 2.0、USB3.2、Thunderbolt 3との互換性が維持されます。

「USB4」は2019年半ばに正式承認される予定で、対応製品が出回るのは2021〜2022年ごろと予想され、現在規格承認に向けて50社以上の企業が仕様開発に参加しているそうです。