Go to Top

えー!次世代のタブレットは巻き物スタイル?有機EL「MagicScroll」


左右のシリンダーで無限スクロールも可能!

カナダのクイーンズ大学研究チームHuman Media Labが、巻物型のタッチスクリーン式タブレット「MagicScroll」を試作しました。
巻物のように丸められたディスプレイの次世代型タブレットです。

003

7.5インチで2K解像度を持つフレキシブルディスプレイを、円筒形の本体に巻きつけたデバイス。タッチパネルもディスプレイと一体化しており、タブレットやスマートフォンと同じように使えます。
円筒形のままで電話をかける、といった操作もできます。

サイドの回転ホイールでスクロール操作が可能で、ディスプレイを取り外し広い画面で活用することもできます。
長いリストを上下に移動しながら情報を探す場合などは、スワイプより操作しやすいかもしれません。

002

本体両端のダイヤルにはアクチュエータも組み込まれていて、本体側の制御で回転します。
これにより、MagicScrollをテーブルの上などで移動させたり、立てて置いたMagicScrollをスピンさせたり、といったことが可能となります。
また、カメラも搭載し、円筒形にした状態でジェスチャー操作もできるそうです。

円筒状・・果たして使い勝手はいかがなものでしょうか。
テーブルの上での移動やスピンはどのような場面で役立つのかも気になります。

 

 

 

 参照元サイト:HumanMediaLabs