Go to Top

【SEO対策】「aタグ」と「imgタグのalt属性」について


◼︎「aタグ」とは?

「aタグ」とは、Anchor(アンカー)の略で、アンカータグとも呼ばれます。テキストや画像をクリックしたときに、ページを移動させる役割があります。

このアンカーテキストはSEOに密接に関連しており非常に重要です。なぜなら検索エンジンがサイトの構造を理解するために「aタグ」に記述されているキーワードを使用しているからです。

笑い話でよく取り上げられる例として、Googleの「出口」検索の話があります。Google検索で「出口」とか「いいえ」と検索すると、Yahoo! Japanがトップに表示されます。
「出口」とYahooはまったく関係がないようですが、実はアダルトサイトの年齢認証では「出口」というアンカーテキストのリンク先が、Yahoo! Japanになっていることが多いためです。

この事例はちょっと特殊ですが、検索エンジンはどんなキーワードで、どのページが多くリンクされているかなどの情報を集めているので、リンク先のサイトやページにとって重要なキーワードをアンカーリンクに入れることで、検索エンジンにキーワードとページの関連性を伝えることができます。

したがって、例えばトップページにリンクを張るときも、aタグにただ「トップ」と記述するのではなく「ホームページである」こと明示した方がベターです。

普通の記述:<a href=”https://webquest-design.jp/”>トップページ</a>
好ましい記述:<a href=”https://webquest-design.jp/”>ウェブクエストのホームページはこちら</a>

3022


◼︎ 「imgタグ」と「alt属性」と?

最近は、ユーザーがサイトを一瞥して理解ができるように、画像を多用することが多くなっています。
人はページ内容を画像イメージから推し量り理解しようとしますが、検索エンジンはテキスト情報でしか理解することができません。「alt属性」は、そんな検索エンジンに画像の内容を理解させる役割があります。

alt属性の使用例
<img src=”image.jpg” alt=”ここに画像の説明を書きます”>

画像の説明には、そのページの内容や、画像で説明したい文章と関係のあるキーワードを使い、わかりやすくします。そうすることで、検索エンジンに画像の内容を伝えることができます。

「aタグ」も「imgタグのalt属性」も SEOにおいて大切な要素の一つです。
正しく使い、検索エンジンにもユーザーにもわかりやすいページ作りを目指しましょう。