Go to Top

【https://】WEBサイトのHTTPS化が避けられない状況に!


すでに当ブログで何回か触れたように、Googleは「ユーザーのセキュリティを守ることを最優先する」として

過去数年、サイト運用者に対し、HTTPSによる暗号化を強く働きかけてきました。
そして2018年7月リリース予定の「Chrome68」からは、HTTPページのアクセスに対し「保護されていません」という警告を表示すると発表しています。

ほとんどの人がスマートフォンを持ち、無料のWifiスポットなどを利用してクレジット決済をすることが当たり前になってきている現在、暗号化なしの通信接続は情報を簡単に盗み取られる危険があります。

002

HTTPSは、端末とWebサーバとの間の通信を暗号化し、盗聴やデータ転送中の改ざんや破壊を保護してくれます。

すでに金融取引サイトや大手企業等ではHTTPSの利用が当たり前になっていますが、インターネットを安心して利用するためには、本来はすべてのWebサイトがHTTPSを導入すべきです。

「Firefox」の開発元である米MozillaもHTTPS化を進めており、全ページHTTPS化(=常時HTTPS)が業界標準になろうとしています。

「HTTPSは不要」「まだまだ先のこと」と思わずに、できるだけ早くHTTPSに対応させることが必要です。