Go to Top

開発費2万円!AI(人工知能)で仕分ける「キュウリ農家」


個人の農家が、最新技術を用いて作業の自動化に挑む

静岡県湖西市の個人農家、KさんはAI(人工知能)を活用してキュウリの仕分け装置を自動化している。
自動装置は大型のディスプレーとその上を覆う透明なアクリル板、小型カメラ、パソコンなどで構成され、パソコンを除いた装置のコストは「カメラなどを含めても2万円程度」とのこと。

アクリル板の上にキュウリを載せると、真上にあるカメラが自動で撮影する。
得られた画像データから「長さ」や「曲がり具合」「太さ」などの特徴をAI(人工知能)が解析し、独自に決めた9等級の出荷基準へ自動分類してくれる。
サポート役という位置づけだが「作業効率は4割程度高まった」という。

1022

個人農家であるKさんが、仕分け装置を格安で自作できた理由はなぜ?

もともとメーカーのソフトウエア技術者。
実家の家業を継いだが、当初は「農業の作業効率の低さに愕然とした」という。とりわけ非効率だと感じたのが仕分け作業だった。

解決策を模索中、グーグルがAIの深層学習のソフトウエアを無償提供していることを知り「これを仕分けに応用できるのでは」と考え、自作を決意!!

「AI(人工知能)が仕事を奪う」という意見もある中、自らの仕事のなかで活用し、本来の付加価値を生み出す・・
今いちばん面白いAIとは、こうした身近な現場から生まれるのかもしれない。

 

 

参照元サイト:Google Cloud Platform Japan Blog