Go to Top

世界で最も安全な航空会社「20社」公表!全日空・日本航空は高評価


先日、アメリカのサウスウエスト航空の旅客機が

飛行中にエンジンが爆発し緊急着陸、また翌日には、アメリカのアトランタ空港で、エンジン出火により緊急着陸など
原因は同じでないでしょうが、メンテナンス体制に問題がないのか不安がよぎります。

実は、空の旅は移動手段の中で最も安全なものであり、安全性は向上していますが、安全度は航空会社によって差があります。

1055
航空機や航空会社の評価サイト「エアライン・レーティングス(AirlineRatings.com)」 は、
世界の409の航空会社の中から最も安全な航空会社20社を、以下の評価項目に基づき公表しています。

  • 国際的な規制当局との関係
  • 過去10年間の死亡者数の記録
  • 機材の使用期間
  • 国際航空運送協会(IATA)の安全監査の結果
  • 航空会社が本拠とする国が国際民間航空機関(ICAO)の8ポイント制の安全性評価基準に適合しているか

1022
エアライン・レーティングスによると、2018年の世界で最も安全な航空会社20社は下記の通りです。

  1. ニュージーランド航空
  2. アラスカ航空
  3. 全日本空輸
  4. ブリティッシュ・エアウェイズ
  5. キャセイパシフィック航空
  6. エミレーツ航空
  7. エティハド航空
  8. エバー航空
  9. フィンエアー
  10. ハワイアン航空
  11. 日本航空
  12. KLMオランダ航空
  13. ルフトハンザ・ドイツ航空
  14. カンタス航空
  15. ロイヤル・ヨルダン航空
  16. スカンジナビア航空
  17. シンガポール航空
  18. スイス・インターナショナル・エアラインズ
  19. ヴァージン・アトランティック航空
  20. ヴァージン・オーストラリア

1033
うれしいことに日本の全日空と日本航空は高い評価を得ています。
ゴールデンウィークで海外に行かれる方も多いと思います。参考にしてみてください。

ただし、いくら安全といっても過信は禁物。サウスウェスト航空のような事故がいつ起こるとも限りません。
シートベルトは常に着用しましょう。