Go to Top

iOS版 新ブラウザ『Firefox Focus』リリース!早速使ってみました!


広告とトラッカーを初期設定で遮断するプライバシー重視のブラウザ!

先日ブラウザFirefoxでお馴染みMozillaから、iOS用のブラウザーFirefox Focusがリリースされました。
このブラウザは、デフォルトでは広告のための個人追跡をブロックし、パスワードも含めたユーザーの閲覧履歴までも削除できるという優れものです。

002
「Firefox Focus」は通信量を抑えて「Safari」の読込や表示速度を上昇させる上、ブロックするトラッカーの種類までユーザーが設定できるとのことなので、早速実際にインストールして使ってみました。

※トラッカーとは
GPSで取得した位置情報を電話網などで送信し、インターネットで接続したパソコンやタブレット・スマートフォンでその位置情報を閲覧できる端末です。リアルタイムに近い形でトラッカー携帯者の位置情報を表示することができます。

 

Apple App store から「Firefox Focus」をインストール

003

インストールが終了したら、ホーム画面に生成された「Firefox Focus」のアイコンをタップして起動
OK.GOT IT! をクリック!

004005

「設定」が開いたら「Safari」を選択

007

「コンテンツブロッカー」をタップします。
「Firefox Focus」の右側に表示されているボタンをタップ。これでオンになりました。

008

これが設定画面。デフォルトでは「Block ad trackers(広告トラッカーをブロック)」「Block analytics trackers(解析トラッカーをブロック)」「Block social trackers(SNSトラッカーをブロック)」の3つがオンになっている状態です。

009

実際に使ってみた感想

全ての広告を除去してくれるわけではなく、表示速度は少し速くなったかな・・という程度、体感的な差はあまり感じられませんでした。

ただし、Safariを起動してブラウジングすると、今まで表示されていた広告が見事に消えていました。それに、ウェブサイトのレイアウトや表示が、大きく崩れたということはありませんでした。

スクロール時に誤って広告をクリックしてしまう、という間違いも無くなりますから、インストールしておくのも良いかもしれません。

次は「Firefox Focus」Androidバージョンを期待したいところです。

 

Firefox Focus support
Firefox Focus App Store:Download

 

 

,