Go to Top

データ解析の邪魔!アナリティクス「リファラスパム」に困っている!

地域検索


対策方法は? 設定は? 簡単にできるの?

2015年に入ってから急増している google analytics(グーグルアナリティクス)のリファラスパム。
正確な情報が欲しいのに、関係のないログが残ってしまうのでデータ解析の邪魔になってしまいます。

そもそもリファラスパムとは・・・?

グーグルアナリティクスでは、集客の経路として

「Organic Search(オーガニックサーチ)」=自然検索
「Referral(リファラル)」=他サイトからのリンクなど
「Direcr(ダイレクト)」=URLを直接入力して来た人
「Social(ソーシャル)」=facebookやtwitter、はてぶなどが該当
「Paid Search(ペイドサーチ)」=google adwords
「Display(ディスプレイ)」=GDNなどのディスプレイ広告

の大きく6種類が存在します。

リファラスパムは上記のうち「Referral(リファラル)」について、本来トラッキングされるべきではないデータを紛れ込ませてくるスパムを指します。
Referral(リファラル)」は、いろんなKPIをかき乱してしまい直帰率や平均セッション時間など、通常の人がサイトに訪れた時と大幅に異なるため、よく見られている記事や回遊度が高い記事のデータ分析時、不確かなデータとなってしまうという問題点があります。

Referral(リファラル)」の目的はズバリ!「アクセスを集める」ということだと思います。
自分のサイトに来た人をチェックしていて、見た事がないドメインからの流入があると、どんなサイトだろうと気になって、ドメインを調べる事がありますよね?それこそがリファラスパムの目的なのです。
気になってURLを入力してドメインを調べようと思った人を引っ掛けるためにいろんなサイトにログを残すスパムだと推測されます。

そんな迷惑なリファラスパムいらないですよね。自分のグーグルアナリティクスからは除外したいですよね、絶対!

ちゃんと除外方法がありますので、次回設定方法をご紹介しますね。