Go to Top

【Google】アカウントの2段階認証がデフォルトに!


パスワードレスに一歩近づく!

簡単なパスワードや使いまわされたパスワードの危険性は多くの人が聞いていると思いますが、それでも危険なパスワードを使う人が後を立ちません。
Googleはアカウントの安全性を高めるために2段階認証の使用を推奨しており、近く全てのユーザーに自動的に2段階認証を有効化できるようにする予定であることがわかりました。

051105101

Googleの2段階認証には様々な種類があります。新しいものもあるのでで少し紹介します。

- 音声またはテキスト メッセージ
SMS等で送られるコードを入力する昔ながらの方法です。もちろんないよりはマシですが、最近はSMSにアクセスするマルウェアも多いので他の方法を検討してみるのもいいかもしれません。

- 認証システム アプリ
「Google 認証システム」アプリまたはサードパーティのTOTPアプリを使う方法です。アプリに表示されるコードをコピペする手間はSMSと変わりません。

- セキュリティキー(外部)
市販のUSBセキュリティーキー等を登録し、認証に使います。キーを紛失したときや社員が退職した時は、アカウントからキーを削除するだけなので、企業では管理しやすいかもしれません。

- セキュリティキー(内蔵)
比較的新しく、最もスマートな認証方法だと思います。スマホ等に内蔵されているセキュリティーキーを登録し、デバイスが指紋認証等に成功するとログインできます。
GoogleはなぜかSafariの内蔵セキュリティーキーが使えないので、iOSの人は「Google Smart Lock」アプリを使用する必要があります。

これを機にアカウントのセキュリティを見直し、新しい認証方法の使用を検討しましょう。

 

出典:Google