Go to Top

実際のユーザーのアクセス状況を分析!webサイト「アクセス解析」


ホームページの現状を数値で分かりやすく見せてくれます!

前回はWebサイト(ECサイト)の成果を測定するKGI、KPIについて考えてみました。
KPIを設定し、サイトの最終目標を達成するためには、まずはサイトの現状分析が重要です。

Google Analytics(グーグル アナリティクス)等を使ったアクセス解析は、ホームページの現状を数値で分かりやすく見せてくれます。

アクセス解析でできることを俯瞰(ふかん)すると以下の3点が挙げられます。

1)サイトの健康状態の確認

顧客のアクセス数や、ホームページからのお問い合わせ、資料ダウンロード数等が減っていないかなどを常にモニタリングし、大きな変動があった場合は、
・システムに異常がないか
・Googleなどの検索順位が変動していないか
といった箇所をチェックして原因を探します。

2)実施した施策の効果検証

広告、 キャンペーン、 コンテンツの公開など、改善のために実施した施策について、
「効果がどれくらいだったのか」
「効果が出た(または出なかった)原因は何だったか」
を、アクセス解析を使って分析します。

ただし、事前に過去の売上データやアクセスデータを分析し、顧客行動の仮説を立てた上で改善施策を打たないと、アクセス解析の数値結果だけでは議論は難しいでしょう。

3)売上につながる情報の発見

すでに自社のサイトでコンバージョンしてくれた ユーザーを分析することで、「これからコンバージョンしてくれる ユーザー」を見つけるのもアクセス解析の目的の一つです。
たとえば コンバージョン率を時間帯別に見た結果から、 コンバージョンが生まれやすい時間帯にメールマガジンを配信するといった施策につなげられます。

コンバージョン
Webサイトで、訪問者がサイト運営者が目標としているアクションをとること。
例えば訪問者が商品を購入する、資料を請求する等

アクセス解析ツールは基本的にホームページのアクセス情報のみを分析の対象としています。

しかし、 ITインフラが整い、分析ツールが充実している現在、ホームページのアクセス情報だけではなく、会員データ、営業データ、オフラインのマーケティングデータなど、様々なデータを統合して分析し、サイトの改善のアクションにつなげていくことが重要です。

次回は、アクセス解析の実際の手順について考えてみたいと思います。