Go to Top

「Google Maps API」が仕様変更!APIキーの取得忘れに注意!


変更していないサイトでは地図を表示できない可能性あり!!

Googleは、7月16日からGoogleマップのサービスを大幅に刷新し、Webサイトに地図を埋め込める機能「Google Maps API」を「Google Maps Platform」としてスタートすると発表しました。
7月16日以降、設定を変更していないサイトでは地図を表示できない可能性があると、注意を呼び掛けています。

2002

Google Maps APIを使用しているという方は料金体系が変わったり、少し設定変更をしなければならないようです。

大きく変わる点は以下の2点

・Google Maps APIを3つに統合
・使用量に応じた料金体系に統一(ただし月200ドル分は無料)

新しい「Google Maps Platform」の料金体系が変わりますが、アクセスがそれほど多くないサイトの場合は月額無料枠で使用できるため、特に心配する必要はなさそうです。
しかし、7月16日までには支払い情報の登録と正しいAPIキーの取得が必要になります。

忘れないうちに登録しておきましょう!

 

 

Google Cloud Platform Japan Blog

Google Maps Platform APIキーの取得・発行について
https://www.zenrin-datacom.net/business/gmapsapi/api_key/