Go to Top

Googleセキュリティ「WebのHTTPS化」日本の導入率は55%にアップ!


ユーザーを守る常時SSL化!

前回の ブログで紹介 した、安全でないHTTP接続に警告するというGoogleのセキュリティ告知は、Webサイト管理者の認知度も上がり大幅に採用率がアップしているようです。

222
日本での採用率は31%から55%に、またアクセス数上位100のWebサイト中、71サイトがデフォルトでHTTPSを採用し昨年からは倍増しているとのこと。
全体としてHTTPSへの切り替え(常時SSL化)が、急速に進んでいます。

001
常時SSL化を導入することにより、通信の暗号化が保証され、ユーザーは安心して個人情報や決済情報を提供することができます。
また、SSL認証局からの証明書を確認できるため、擬似サイトや「なりすまし」サイトへの誘導を防ぐメリットもあります。

弊社でも、Webサイトの信頼性アップに繋げるため、計画的に導入を進める予定です。

 

Google Report