Go to Top

長野県飯田市に発足したポムリエ協会「ポム・ド・リエゾン講座」

長野県飯田市に発足したポムリエ協会「ポム・ド・リエゾン講座」


飯田市の民間団体が昨年から始めた「ポムリエ講座」
りんごを使った発泡酒「シードル」の養成講座です。

第一回は「りんご並木の歩み」
第二回は「りんごの話」行ってきました。

飯田は昭和22年4月に「飯田の大火」と言われる大規模な火災が発生しました。当時、国内最大の火事だったそうですが、その後町並みが整備され防火帯として「りんご並木」が整備されました。今でも地元中学生が手入れしています。そのりんご並木の歴史を学びながら、第二回目は「りんごの歴史や品種」など勉強してきました。

飯田市の『市木』は『りんご』なんですよ!

りんごの原産地は中国。日本に伝わって来たルートは中国からの「和りんご」とヨーロッパ経由の「西洋りんご」のようです。
皆さんよくご存知の『林檎』という漢字も以前は西洋りんごと和りんご区別するように西洋りんごは「苹果」和りんごは「林檎」と区別していたようです。

りんごの生産主要国と生産量は
中国   3598万t
アメリカ 427万t
インド  289万t
イタリア 241万t
日本   65万t
中国が生産主要国トップとは驚きました。

日本で見ると、やはりトップは
青森 367千t
長野 139千t
岩手 42千t
山形 30千t

長野県内での生産量を見ると断トツで長野市がトップ、松本市/須坂市/中野市ときて10位にようやく松川町がきて飯田市でした。
長野の『りんご三兄弟』ってご存知ですか?
「秋映」「シナノスイート」「シナノゴールド」です。ぜひ覚えてくださいね!
次回は勉強にプラス試飲会がありますので楽しみに参加してきたいと思います!

ポムリエ協会 http://pommelier.net/