Go to Top

公道走行可能な電動キックボード『たちのり』4月2日より試験運用開始


長野県 伊那市・箕輪町・松本市

長野県内で地域活性化に取り組む「ローカルディガー」では、地域に点在するディープスポットを電動キックボードで発見する会員制サービス『たちのり』を、4月2日から開始します。

公道走行が可能になった電動キックボードを使って、ゆっくり街を散策することで、今まで知らなかった場所や景色に出会えるかもしれません。

0402885412

使用する電動キックボードは「原動機付自転車」扱いのため、道路で使用するには運転免許とバイク保険への加入が必要です。
また、長野県内 中・南信エリア(伊那市・箕輪町・松本市)より開始し、随時貸し出し場所を増やしていくとのこと。

価格は、1回2時間の利用で 1,000円、10回の利用で 5,000円で、会員登録には3,000円が必要です。
ただし、4月28日までは会員登録が無料となっています。

 

出典:たちのり(ローカルディガー)Value Press