Go to Top

SHARP一眼カメラ型8Kビデオカメラ プロトタイプが話題!


CES2019で「8K マイクロフォーサーズカメラ プロトタイプ」を展示

シャープと聞いてカメラを連想する人は少ないかもしれませんが、最近シャープは8K映像事業に非常に力を入れているようで、海外で開かれたCES 2019で、8Kカムコーダーのプロトタイプが公開され話題になっています。

1022

このカメラは、マイクロフォーサーズ採用しており、非常に小さなボディで8K収録を可能にしています。
本体のデザインや搭載するポートなど4Kと非常に多くの共通点がありますが、シャープ独自の特徴として大型の5インチバリアングルタッチスクリーンを搭載していること、そして8K 30p映像をH.265で収録できることなどが挙げられます。

1033

4Kに代表される一眼カメラ型のカムコーダーは、導入コストが安いため企業ビデオや自主制作映画にもぴったりですし、コンパクトなのでドローンやジンバルに乗せたりと活用の幅も広がります。

8Kビデオカメラがみんなのものになる日も近いかもしれません。