Go to Top

レクサス ES が「ミラーレス」に!量産車で世界初!


サイドミラーを廃止し、カメラに置き換え

日本向けの新型セダン「レクサス ES」に、カメラで撮影した車両左右後方の映像を車内のディスプレイに表示する「デジタルアウターミラー」が採用されるそうです。量産車では世界初の採用。

1002

フロントドア外側にある従来のサイドミラーを小型カメラに変更し、映像は車内左右前方に備える5インチディスプレイに常時表示。
ウインカー操作や後退時には自動で表示エリアが拡大する。

1003

カメラ部分にはヒーターを搭載し、雨などの水滴が付きにくい形状で天候の影響を受けにくくなり、サイドミラー部分が小型化することで斜め前方の視界が従来に比べて拡大し、風切り音も低減するという。

1004

試してみたい気はしますが、やはり慣れが必要でしょうね。
映像に思わず見入ってしまう可能性もありそうです。

日本での新型「レクサス ES」は、2018年10月下旬から発売されます。

 

 

参照元サイト:トヨタ Global Newsroom