Go to Top

筑波大学視覚メディア研究室開発!どうなる?NHK受信料

NHKのみがテレビに映らなくなるアンテナ装置


今、波紋を広げている話題!

筑波大学システム情報工学科の視覚メディア研究室の卒業研究として学生たちが開発した、”NHKのみがテレビに映らなくなる”アンテナ装置。
開発のきっかけとなったのは「2013年にNHKの国会中継がネット上にアップされた後、削除される騒動があった」ということのようで、
「NHKがそういうことをするのに、不公平を感じたんです。それなら、NHKと契約をしない自由があってもいい。今回の装置は、公共放送を改めて見直す問題提起になればと思っています」
ということで、同研究室の掛谷英紀准教授が指導にあたったという。

NHKのみがテレビに映らなくなるアンテナ装置
画像:Amazon

「アンテナ装置」はすでに企業が商品化しており「関東広域圏向け地上波カットフィルター」として昨年7月から、アマゾンなどで販売されています。
電気工事業者を通じて設置すれば、ほぼ100%に近い形でNHK放送をカットできるそうでなんです。

そこで、話題になっているのが「NHK受信料」。

NHKは近年、滞納者に対して財産を差し押さえるなどの厳しい対応を取ってきました。”NHKのみが映らないテレビ”は特許上作ることが不可能で、国民はほぼ“強制的”に受信料を支払わざるを得ない状況です。
掛谷准教授は、受信料不払いで争いを続ける弁護団に対して「アンテナ装置」を提供しているようです。
今現在も、報道番組「クローズアップ現代」のヤラセ疑惑や、籾井勝人会長の私用ハイヤー代問題で、NHKにあきれている人は多いですよね。

今は、テレビ画面のみでなく、パソコン、携帯、スマホからでも地上波テレビが観られれば、NHK受信料を払わなくてはなりません。
”NHKのみがテレビに映らなくなる”ということだけでは「受信料を支払わなくても良い」ということにはならなそうですが、今後のNHK受信料問題には多いに影響を受けることは間違いないのではないでしょうか?