Go to Top

【Apple Music】ロスレス・空間オーディオ対応配信を開始、追加費用なし!


2021年6月より配信開始!Dolby Atmosにも対応!

アップルの音楽配信サービス「Apple Music」では、ロスレスオーディオ・立体音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」による空間オーディオ配信に、6月から対応します。
アーティストがスタジオで制作したままのロスレスオーディオで楽曲を聴けるようになり、追加費用なしで提供されます。

05197412

ロスレスオーディオを利用するには「Apple Music」の最新バージョンにおいて「設定」→「ミュージック」→「オーディオの質」で「オン」にできるとのこと。
モバイル通信や Wi-Fi といった接続方法、またはダウンロード用にさまざまなレゾリューションを選択でき、本物のオーディオファン向けには最大24ビット/192kHzのハイレゾリューションロスレスも提供されます。

また、空間オーディオの再生については、H1および W1チップを搭載したすべての AirPods および Beatsヘッドホン・iPhone・iPadで自動的に空間オーディオとして再生可能。
対応する OS バージョンは iOS 14.6・iPadOS 14.6・macOS 11.4、および tvOS14.6 以降です。

 

出典:Apple Newsroom